生理前のニキビを予防&治療したい!

生理前のニキビの原因として考えられるのは、黄体ホルモンの影響と、肌の免疫力の低下です。生理前だからといって、みんなニキビができてしまうわけではありません。やはり健康な肌をキープしている女性は、生理前でもニキビができにくいです。

生理前のニキビを予防するには、まずは自分の生理周期を把握するといいでしょう。基礎体温を測って、生理周期に合わせたニキビケアを行う必要があります。

目安として、卵胞ホルモンが増えて肌トラブルが少ない生理が終わるころ~排卵時期にケアを行いましょう。ビタミンC誘導体が含まれている基礎化粧品がおすすめです。ケアだけでなく、もしニキビ治療を検討しているのなら、この時期に受けるといいでしょう。

なぜなら肌の状態が良いので、治療をスタートしても肌に負担をかけにくいからです。黄体ホルモンが増加する排卵終了~生理開始までは肌を休憩させて、集中的に保湿ケアを行ってください。保湿すると同時に、生活習慣も見直すといいでしょう。

睡眠時間を十分に確保して、暴飲暴食は控えるように。便秘もニキビの原因となるので、便通がよくなるように食事内容にも気をつけましょう。この時期は皮脂が増えやすいので、洗顔よりも保湿が大切だと言えます。洗顔方法は、なるべく低刺激の石けんを使用し、肌をこすらないようにぬるま湯で汚れを落としてください。

生理前のニキビ治療の際には、治療を受ける前に、生活習慣を改善するように心がけることが大切です。 ストレスが溜めてしまうのもよくありません。規則正しい生活と油分の少ない食事を意識してくださいね。

ニキビを治したいなら専門的な治療が不可欠です。残念ながら生理前のニキビをすぐに治すことはできないのですが、低用量ピルによって黄体ホルモンの働きを抑えたり、漢方薬を飲むことで改善される場合もあります。

ニキビ以外にも生理前に不調を感じることが多いのであれば、PMS(月経前症候群)の可能性があります。 心当たりのある方は専門医に相談してください。

ページの先頭へ