思春期ニキビと大人ニキビの原因と対策方法

思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビは発生原因が異なるので、同じケアをしてしまうと悪化する恐れがあります。見た目が一緒だからといって、大人になってからも10代の頃と同じケアをしないように気をつけてください。

まず、思春期ニキビについて説明したいと思います。第二次成長期(13~18歳ごろ)に男性ホルモンの分泌量が増加するのですが、この男性ホルモンが皮脂腺を刺激することによって、皮脂分泌が盛んになります。

毛穴からの排出スピードよりも皮脂分泌が活発になるので、排出できなかった皮脂は古い角質と混ざって毛穴を塞いでしまいます。これがニキビの原因となるわけです。

ここから毛穴の内部でいわゆる「ニキビ菌」が増えると炎症が起こります。これらのニキビは思春期特有のものなので、個人差はありますが、大体の場合はずっと続くわけではありません。男性ホルモンの分泌がだんだん収まってくるので、同時にニキビもできなくなります。

思春期のニキビは、男性ホルモンの過剰分泌が原因なので、根本的な解決方法はありませんが、皮脂の分泌を抑えることで悪化を防ぐことができます。

ケアの方法は皮脂対策を中心に行うといいでしょう。洗顔をこまめにして皮脂を洗い流してください。 化粧水や保湿材は皮脂分泌を抑えられるものを選ぶといいですね。ケアをせずに放置していると、ニキビ跡ができてしまう可能性大です。

さて、大人ニキビの場合ですが、大人ニキビは皮脂の分泌だけが原因ではありません。肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れてしまったり、バリア機能が低下することによる過角化など様々な原因が考えられます。

メイクも毛穴が詰まる原因になりますし、黄体ホルモンの影響を受けてニキビができてしまうこともあります。さらに、ストレス、生活習慣、睡眠不足とも密接な関係があると言われています。

思春期のニキビはある時期から落ち着いてきますが、大人ニキビは繰り返しできるという特徴があり、なかなか治らないことが多いです。つまり、ニキビを完全に治すためには、生活習慣などを含めて原因を一つ一つ改善していく必要があります。

ページの先頭へ